ネットネット界の“旬”なニュースをお届け!

実写版『進撃の巨人』撮影中の噂 ツイッターで拡散

2011.09.30

実写映画化の噂が広がった諫山創の漫画『進撃の巨人』。2011年9月現在、単行本は5巻まで発売されており、累計発行部数は560万部を超えている。画像は単行本第1巻実写映画化の噂が広がった諫山創の漫画『進撃の巨人』。2011年9月現在、単行本は5巻まで発売されており、累計発行部数は560万部を超えている。画像は単行本第1巻

「別冊少年マガジン」に連載されている人気漫画『進撃の巨人』が、『告白』や『下妻物語』を手掛けた中島哲也監督によって実写映画化されるのではないかとの噂がネット上で広がっている。

実写化情報のソースとされているのは、茨城県潮来市のホームページに掲載されたエキストラ募集の告知だ。そのページには「中島哲也監督の最新作のテスト撮影」に参加する80名程度のエキストラが募集されており、その役柄の設定に「平和な繁華街に、突然『巨人』が現れて逃げまどう人々役」と書いてあったのだ。どうやら、“突然巨人が現れる”という点が『進撃の巨人』と共通するということで、実写化の噂へとつながったようだ。

その後、この告知ページを見たと思われる1人のツイッターユーザーが「進撃の巨人が中島哲也監督ですでにクランクインしている様子」とつぶやいたところ、このつぶやきが2ちゃんねるに貼られるなどして拡散。ツイッターや2ちゃんねるを中心にこの噂が広まることとなったのだ。

とはいえ、実写化の噂に対するネット上の反応を見ると「いやーいきなり実写化はなぁ」「冗談抜きでやめてほしい」などと、決して無条件に歓迎されているわけではないようだ。そもそもこの噂を信じているネット住民は多いわけではなく、エキストラ募集要項の設定について「繁華街に巨人って時点で違うじゃねぇかww」と指摘する意見のほか、「絶対に進撃の巨人じゃないだろ。まず外国人俳優を大量に雇わないといけないし、CGもかなり金かかるだろ。日本でやるわけない」などと噂を否定する意見も少なくない。

たしかに、募集要項にある「平和な繁華街」という設定や「服装:個性的でなく、オシャレな服装。なければシンプルな服装」という記述は、『進撃の巨人』の内容と食い違うものであり、この噂は決して信ぴょう性の高いものとはいえないだろう。制作サイドからのコメントも出されておらず、あくまでも“噂”として捉えておいたほうがよさそうだ。

編集部オススメ

  • 汚い!菌が多いお家のスポットTOP5[PR]

    見落としがちな毎日の生活汚れに要注意

    2015/12/24

    汚い!菌が多いお家のスポットTOP5[PR]
    家中の様々なところに菌が潜んでいるという話、聞いたことがある人も多いのでは。と言っても具体的に家庭内のどこに菌が多く潜んでいるのだろうか? 花王の調査(※1)によると、さまざまな大腸菌(大腸菌群)が... 続きを読む
  • 口臭の原因“口じゃない”ことも?[PR]

    「鼻水・鼻づまり」調査隊

    2016/02/08

    口臭の原因“口じゃない”ことも?[PR]
    まずは、全国の20~34歳の有職者100人(男女各50人)にアンケート調査を実施。改めて、職場の口臭事情について調べてみました(アイリサーチ調べ)。打ち合わせや会議で直接面と向かって話すことも多いビ... 続きを読む
  • ワンシーズン着っぱなしで大丈夫?[PR]

    冬物衣類のニオイに要注意!

    2016/01/05

    ワンシーズン着っぱなしで大丈夫?[PR]
    冬の装いの必需品であるマフラーやニット帽。気温が低い屋外では大活躍だが、着用したまま電車に乗ったり屋内に入ったりすると、意外に汗をかいてしまう。とはいえ、まめにクリーニングに出すのは面倒だし、結局、... 続きを読む

ブレイクフォト

編集部オススメの不思議!

みんなが見ている記事TOP25

(毎日更新)

公式facebookページでR25の最新情報をチェック!