ネットネット界の“旬”なニュースをお届け!

山田孝之?のツイッターが大人気

2013.02.20

ユーモアのある回答だけでなく、受験で失敗したというフォロワーに「努力はすぐに報われるとは限りません。しかし絶対に無駄にはなりません」と励ますなど、真摯な一面も見せている山田孝之(と思われるアカウント)<br />
※この画像はサイトのスクリーンショットですユーモアのある回答だけでなく、受験で失敗したというフォロワーに「努力はすぐに報われるとは限りません。しかし絶対に無駄にはなりません」と励ますなど、真摯な一面も見せている山田孝之(と思われるアカウント)
※この画像はサイトのスクリーンショットです

俳優・山田孝之のツイッターが、ネット上で人気を博している。と言っても、このアカウントは、山田本人のアカウントと明示されているわけではない。アカウントのプロフィールにも、「あくまで偽物です」(原文ママ)と記載されている。

山田のオフィシャルサイトにもツイッターを行っている旨の記載はなく、2012年の11月9日に初めてツイートした内容も、「俺は偽者だからフォローしたら巧妙な詐欺にあいますよ。気をつけて!」という文面。公式と確認できる要素が少ないため、偽者と認定する人が多そうなものだが、現在10万5000人以上いるフォロワー(2月18日時点)は、このアカウントが本人によるものだと信じているようだ。

フォロワーたちが本人だと確信している理由がいくつかある。前出の初ツイートが投稿されてから1時間もしないうちに、当時山田が出演していたドラマ『勇者ヨシヒコと悪霊の鍵』の共演者である俳優のムロツヨシと女優の木南晴夏にリツイートされている(ともに本人の公式アカウント)。山田孝之の偽者のアカウントが、ドラマの共演者から同じタイミングでリツイートされるとは考えにくい。また、フォロワーから寄せられた質問に対する回答が、“山田孝之なら言いそう”というユーモアと言葉のセンスにあふれていることも、本人と認定された理由のひとつだ。

これまで、山田(?)にはフォロワーから数々の質問や雑談ツイートが送られてきたが、それに対する回答の例は以下の通りだ。

(フォロワー)「今日、孝之さんが訪れた俺のフレンチいきました!幸せ!栃木から来たかいがありました!店員さんが、山田さんはすごいいい人でしたよって」
(山田)「金を握らせた甲斐があったぜ」

(フォロワー)「山田さんはグラタンで顔を洗った事ありますか?」
(山田)「まだないです」

(フォロワー)「山田さんクローズZEROめっちゃかっこよかったです!でも私は高岡さんのファンなんです、ごめんなさい!」
(山田)「告白もしてないのに振られました。貴重な体験をありがとうございます」

(フォロワー)「山田先生、しゃきっとできるツイートお願いします」
(山田)「レタス」

このように、お笑い芸人も顔負けの秀逸なやり取りが多数繰り広げられている。

いまだミステリアスさに包まれる山田孝之のツイッターアカウント。本人だとなかなか認めない姿勢も、もしかしたら山田なりのユーモアの一環なのかもしれない。

取材協力・関連リンク

「山田孝之(?)のツイッター」について、もっと見る?

編集部オススメ

  • ガラケーの方が良かった点TOP5

    “隠れガラケー派”が「ガラホ」に熱視線

    2015/02/19

    ガラケーの方が良かった点TOP5
    すっかりスマートフォンが根付いたとはいえ、いまだにガラケーを持つビジネスマンを見かけることも少なくない。編集部が全国の20~30代ビジネスマン200人に調査したところ、「スマホ派」68%に対し、「ガラケー派」も... 続きを読む
  • ボクらの“老後”は何年間?

    未来は明るい!? 30年後を覗いてみたら…

    2015/03/03

    ボクらの“老後”は何年間?
    これからも長く付きあい続けることになる自分の体。「日本は長寿国」なんていわれていますが、そもそも現在の日本人の寿命はどれくらい?「厚生労働省『平成24年簡易生命表』では男性が79.94歳、女性が86.41歳。... 続きを読む
  • ストレス相関にみる職場の人間関係

    僕らのストレス白書

    2015/03/05

    ストレス相関にみる職場の人間関係
    誰しも会社のなかに一人や二人、苦手な人物がいるだろう。上司や部下のような“上下関係”だけならまだしも、仕事の進め方やノリなど、ちょっとした“価値観のズレ” も、長時間同じ空間で働く相手となればキツイ…... 続きを読む

ブレイクフォト

みんなが見ている記事TOP25

(毎日更新)

公式facebookページでR25の最新情報をチェック!