あわよくば出世する技術

友清 哲

担当パーソナリティ
友清 哲

第4回
好感度を上げる「笑顔」の作り方は?(1/2)

笑う門には福来たる。実際、気難しい顔をしているよりもさわやかな笑顔でいる方が、周囲に与える印象は良いはずだ。

もし本当に、笑っているだけで周囲に好印象を与えることでき、それが少しでも評価アップにつながるのであれば、勉強やスキルアップにバリバリ励まずに出世を狙いたい僕らにとって、これほどうれしいことはない。人好きのする笑顔をマスターするというのは、案外大切なミッションかもしれない。

けど、取引相手や上司に「コイツと一緒に仕事をしたい」と思わせるような、好感度の高い笑顔は、どうやれば身につけられるのだろう?

今回は、意外と知らない正しい笑顔の作法について、リサーチしてみよう。

“福”が舞い込んでくる正しい笑顔の作り方とは!?

“福”が舞い込んでくる正しい笑顔の作り方とは!?どうして赤ちゃんって、こんなに愛くるしい笑顔を作れるんでしょう…? 人を惹きつける笑顔をマスターすれば、必ずやビジネス上でもプラスに働くはず。人に好かれる笑顔を覚えたい!

対人関係において第一印象というのは非常に大切だ。名刺交換のタイミングで「仕事がデキそうな人だな」と思われれば、信用面で大きなアドバンテージを得られるし、「楽しそうな人だな」と思われれば、その後のコミュニケーションがスムーズに運ぶはず。

こうした第一印象を形成するのは、表情や物腰だろう。人というのは、笑い方ひとつを取っても個性や品格が表れてしまうもの。ならば、他人に好印象を与えられる笑顔をマスターしておけば、何かと得をするのではないか?

「仕事においては頭がいいと思われることも大切ですが、それ以上に感じがいいと思ってもらえることの方が得ではないかと思います」

そう語るのは、20年にわたり多くの企業研修を手がけてきた、笑顔アメニティ研究所の門川義彦さんだ。

「笑顔というのは、自分らしさを伝える技術でもあります。ただし、頑張って笑おうとしてはいけません。あくまで作り笑顔にならず、自然な笑顔のコツを覚えることです。そうすれば、相手も素直に心を開いてくれるものですから」(門川さん)

笑顔アメニティ研究所を設立する前は、アパレル関係の敏腕営業マンであったという門川さん。若くして営業本部に抜擢されてから、笑顔の大切さに気づかされたという。

「多くの店舗を管理していると、当然、店舗によって売り上げに差が出ます。ところがその差というのが、単純に立地や環境の違いだけに原因があるわけではないことに、ある日気づいたんです。要因のひとつは、スタッフの明るさです。本部の人間である僕が顔を出しやすいお店というのは、スタッフが最高の笑顔で迎えてくれるお店で、自然と客足も伸びていきました」(同)

ビジネスが対人で営まれるものである以上、これはサービス業に限った教訓ではないだろう。

門川さんはまた、平面顔の日本人は、欧米人に比べると笑顔の下手な民族であるとも説明する。

「いい笑顔とは、目・鼻・口を総動員してつくるもの。欧米人は眉と口で笑いますが、日本人は目だけで笑う習慣があります。もともとフラットな顔なのですから、これでは満面の笑みは伝わりにくいです」

わかりやすいのが、メールなどで使う顔文字だ。日本人ユーザーが頻繁に使う笑顔の顔文字に、「(^^)」というのがある。これに対し、欧米で主に使われるのは「:-)」であることは有名。比べて見てると、欧米が口で笑いを表現する文化であることがわかる。

「大切なのは歯を見せて笑うこと」と門川さん。ビジネスシーンなど打ち解けていない場ではとくに、ついつい口元だけの気取った笑いになりがちだから、気をつけてセルフチェックしてみよう。

>> 理想の笑顔を養う「わりばしストレッチ」を実践してみよう!

  • 1
  • 2

編集部オススメ

  • 1日10分! 続く&効くダイエット術

    超人気のプロが「成果」にこだわって徹底指導。

    2015/01/19

    1日10分! 続く&効くダイエット術
    あ~、今年もベタに「正月太り」、やってしまった…。さらに、毎年「今年こそはスマートなボディを手に入れるぞ!」とダイエットを誓うも、「仕事が忙しくて…」「いい方法が見つからなくて…」など、いろんな自分への... 続きを読む
  • 斬新すぎるau「三太郎」CM話題

    桃太郎、金太郎、浦島太郎…ネットで注目度急上昇

    2015/01/13

    斬新すぎるau「三太郎」CM話題
    仕事始めから1週間が過ぎ、いよいよ仕事が本格スタートした。ようやく正月気分を脱し、気持ちが引き締まってきた人も少なくないだろう。各企業とも心機一転、新たな取り組みを加速させている。毎年のことながら、... 続きを読む
  • タブレットの未来予想図

    冬のタブレット事件簿

    2015/01/23

    タブレットの未来予想図
    「新規ユーザーに加え、第一世代のタブレット購入層が買い替え時期に入ったことも重なったことが、最近のタブレット市場全体の盛り上がりにつながっているのではないでしょうか」そう語るのは、多くのタブレットに搭載されている... 続きを読む

ブレイクフォト

編集部オススメの不思議!

みんなが見ている記事TOP25

(毎日更新)

公式facebookページでR25の最新情報をチェック!