1時間早く帰るIT仕事術

呉 琢磨

担当パーソナリティ
呉 琢磨

第8回
名刺整理の迷路から脱出しろ!(1/2)

前回記事「今すぐ仕事のやる気が欲しい!」には、
アップ後にたくさんの反響をいただきました。
日々の仕事へのやる気の出し方には、
意外に多くの人が悩んでいる様子です。
デスク周りをぱっと見渡すだけでも、
仕事に立ち向かうやる気を削いでくる障害って、
結構いろいろあります。

現にぼくのデスクなぞ、資料やらプリントやらで
いつもゴチャゴチャしていて、
集中すべきときに限って整理整頓したくなるという、
黄金のダメパターンの元凶になってます。

それなのに、いつも整理の手をつけらないのが、
もう何年分もたまっている、いただいた「名刺」の束。
ぼくが把握しきれる許容量を超えてから早数年、
増える一方の名刺ってどう扱えばいいのやら。
効率のいい整理法を知りたいのはもちろん、
そもそも集めた名刺ってどう生かせばいいの?

というわけで第8回は、
たまった名刺の整理&活用法をレポートしますよ。

どんどんたまる名刺を仕事に生かす方法って?

どんどんたまる名刺を仕事に生かす方法って?筆者が数年分ためこんだ大量の名刺。当初はファイリングして整理していたはずが、いつしか許容量を超えてただ束のまま置いているだけに。はたしてこの中の何人と連絡を取る機会があるのか?(個人情報保護のため画像を加工しています)

初対面の人と出会うシーンでは、何をおいても名刺交換をするのがビジネスの常識。それを日々繰り返して数年も経つと、手元には何百枚、何千枚もの名刺が集まっているもの。でも、これって意外と扱いに困るんですよね。

アルファベット順に並べたり、時系列順に分類したりと整理方法はいろいろあるけど、どれも手間がかかりそうだし、継続する自信がイマイチ。そこで、仕事術のカリスマとして知られる中島孝志さんに、究極の名刺整理法をうかがってみました。

「そもそも名刺を整理したいというのはビジネスマンなら誰もが一度は考えること。方法は古くからいくつも発明されてますが、それより大切なのは何のために整理するのかを考えることですよ。目的もハッキリしないまま整理方法だけ覚えたって、そんなのどうせ続きませんから(笑)」

っと、いきなり厳しいお言葉。そんな中島さんが実践している整理法とは?

「今やっているのは、とにかく扱う名刺の数を減らす方法です。新しく受け取った名刺は、まずデスクにある名刺ボックスにいったんすべて放り込みます。箱の中身は1~2週間に一度見直して、その間に連絡を取り合った人の名刺は、別に使っている回転式カードホルダーに分類して入れる。1ヵ月経っても何の連絡もしなかった人の分は、そのままゴミ箱に捨てます。これを実行するだけで、保存する名刺の数は2割以下になりますよ」

ひええ、そんなにあっさり捨てちゃっていいんですか? ひょっとしたら後々連絡したくなるんじゃ。

「若い人には名刺で仕事をするなとよくいってるんですが、例えば異業種交流会なんかで1度挨拶した人の名刺をどれだけコレクションしたって、ほとんど価値はないですよ。ロクに顔も覚えてない相手と、その後の関係なんてまず生まれません。もし再び会う機会があれば、名刺なんてそのときにまたもらえばいいんです」

確かに、ぼくのデスクにあふれかえっている名刺の大半は、二度と会う機会がなさそうな人のものかも。

「名刺交換をするのは当然のマナーですが、ビジネスで重要なのはむしろ名刺代わりです。私が営業マンだった20年前には、名刺と一緒に『中島新聞』という自作の月刊新聞を手渡してました。その1ヵ月の間に出会った人や、新しく知った話題などをしたためた、今でいうブログですね。そうして自分の人となりを知ってもらうことで、後の関係がつながっていった。それでやっと人脈になるんです」

名刺交換自体には、それほど意味はないってことですか。

「かつて、名刺はビジネスにおける唯一の看板でしたが、ネットが発達した現代では、数ある入り口のひとつでしかないです。メールアドレスが分かれば連絡は取れるし、受信メールを検索すれば、フッターには名刺より詳しい連絡先が書いてある。さらにブログやSNSを通じてお互いを知ることもできます。大切なのは、名刺を渡す前と渡した後に、どれだけ印象を残せるかですよ」

なんのために名刺を整理するのか、またはしないのか。整理に再チャレンジするのは、それが決まってからでも遅くないかもしれません。

>> PCを駆使してもっと気楽に名刺管理したい!

  • 1
  • 2

編集部オススメ

  • おかしいなと思ったら…。大人のADHD特性チェック

    大人の「ADHD」の基礎知識

    2014/04/10

    おかしいなと思ったら…。大人のADHD特性チェック
    「ADHD」(注意欠陥/多動性障害)をご存じだろうか? 「不注意」「多動性」「衝動性」を特徴とする発達障害のひとつだ。ADHDというと、子供に多いというイメージがあるが、実際には症状を自覚しないまま大人になり、... 続きを読む
  • 25組50名様に巨人戦のチケットが当たる

    巨人戦チケットプレゼント! 第2弾

    2014/03/06

    25組50名様に巨人戦のチケットが当たる
    「ジャイアンツOB・川上哲治の背番号は○○番? 」問題に答えて巨人戦@東京ドームのチケットをゲットしよう! ヒントもあるよ!... 続きを読む
  • 携帯「人口カバー率」ホントの意味

    バラバラだった算出法に、ようやく統一基準が…

    2014/03/28

    携帯「人口カバー率」ホントの意味
    3月20日、KDDIは800MHz帯の4G LTEにおいて、実人口カバー率99.0%を達成したと発表した。すでに2013年12月末時点には98.7%を実現していたが、以前から3月末に99%達成を目指していることを予告しており、“公約”が... 続きを読む

ブレイクフォト

みんなが見ている記事TOP25

(毎日更新)

公式facebookページでR25の最新情報をチェック!