R×R“記憶の文脈依存性”がポイント

「紙に書くと覚える」は本当?記憶力UPのウソ・ホント

2010.10.07


イラスト:牧野良幸

学生時代、単語や文章をノートにせっせと書いて覚えた記憶、ありません? 目で追うだけでなく、書くと覚えやすいという話はよく聞くが、これって本当なのだろうか?

「ある意味では本当ですが、書いて覚えると純粋に記憶に深く刻まれる、というわけではありません。書いて覚えたことは、試験のように書くことを求められるシーンでは、その記憶を呼び戻しやすいといえます」(東京女子大学人間科学科・心理学専攻・今井久登教授)

そういえば、文字を思い出すとき、利き手のひとさし指で宙に文字を書いて思い出そうとすることってありますよね。

「それは“空書”という行動で、漢字の文化を持つ人だけに見られます。書いて覚えた漢字の記憶は、書くという運動を絡めた記憶になっているのです」(東京大学大学院教育学研究科・佐々木正人教授)

この空書行動の概念は、文字は書けるのに読むことだけができなくなる純粋失読という疾患のリハビリ治療など、実際に医学の現場でも利用されている。

「認知心理学では、ものを記憶したときにとった行動や周りの環境、そのときの自分の気分や感情などが記憶と密接に関連していると考えられていて、これを“記憶の文脈依存性”といいます。思い出すときと記憶したときの環境とが重なっていればいるほど思い出しやすくなるのです」(今井教授)

ではこの概念を、プレゼンなど仕事でも生かすことは可能だろうか。

「本物の会議室で、当日の状況や自分のテンションを思い浮かべてしゃべりながら資料を暗記すれば、本番でもスラスラ話せる可能性はあります。でも、プレゼンで人の心を動かすのはむしろ熱意だったりしますから、背景にあるモチベーションを伝えることが大事だと思いますよ」(佐々木教授)

ごもっとも。とはいえ内容を記憶していた方が気持ちを込めやすいかも。その上で熱血感も表現できれば…そんなことできたら会社員より役者に向いてる!?
(駒形四郎)

ランキング

編集部オススメ

  • ガラケーの方が良かった点TOP5

    “隠れガラケー派”が「ガラホ」に熱視線

    2015/02/19

    ガラケーの方が良かった点TOP5
    すっかりスマートフォンが根付いたとはいえ、いまだにガラケーを持つビジネスマンを見かけることも少なくない。編集部が全国の20~30代ビジネスマン200人に調査したところ、「スマホ派」68%に対し、「ガラケー派」も... 続きを読む
  • 社外で仕事をする場所の定番は?

    いまどきの社会人のビジネス事情

    2015/02/26

    社外で仕事をする場所の定番は?
    平日の夜や休日、都会のカフェでは、ノートパソコンやタブレットとにらめっこするビジネスパーソンをよく目にする。資料を片手に翌週のための資料を作成している姿は、むしろリラックスしているようにすら見える。明らかに、... 続きを読む
  • 瓦割り美女とあの男がコント?

    意外な2人が繰り広げるwebムービーが面白い!

    2015/02/09

    瓦割り美女とあの男がコント?
    セゾンカードのCMといえば、武田梨奈が頭突きで瓦割りを披露する衝撃映像をご存じの方も多いはず。強烈なインパクトを残した一瞬芸から一転、今度はコント仕立てのwebムービーで、軽妙な掛け合いを披露しているらし... 続きを読む

ブレイクフォト

みんなが見ている記事TOP25

(毎日更新)

公式facebookページでR25の最新情報をチェック!