R×Rどんどん細分化されていくけど…

ボディソープ、ハンドソープ… 固形せっけんと何が違う?

2010.10.21


写真提供/AFLO

ボディソープで体を洗い、洗顔料で顔を洗い、ハンドソープで手を洗い、シャンプーで髪を洗う。このように、体の部位ごとにタイプを使い分けるのは、かなり一般的になっている。もちろん、すべてを昔ながらの固形石けんでまかなう方もおられるだろう。だが、使い分けた方がしっくりくるのは気分だけの問題ではあるまい。いったい何が違うのか、ライオン株式会社広報センターに聞いた。

「まず、固形のせっけんと液状・練り状の製品の違いですが、基本的には濃度や粘度が異なっており、だからこそ形状も異なるのです。ただ、固形のせっけんは、ほとんど石けん成分(=脂肪酸のアルカリ塩)でできていますが、液状の製品などでは、必ずしも石けん成分が主成分とは限らず、しっとりとマイルドに洗えるように合成界面活性剤が多く含まれるものもあります」

以前は、液状タイプなども、石けん成分を主成分にするものが多かったが、製品の特性を出すために多様化していったのだという。では、ボディソープ、洗顔料、ハンドソープ、シャンプー…それぞれの成分にはどんな違いがあるのだろうか。

「ボディソープにはオイルやエキス類、洗顔料には保湿剤などがよく加えられています。どちらも、洗いあがりのしっとり感を増すためです。ハンドソープには殺菌成分ですね。これは、もちろん衛生上の理由からです。ちなみに、シャンプーはちょっと特別で、最近は石けん成分が使われることはほとんどありません。主に合成界面活性剤で作られており、高分子やシリコーンなどが加えられています。石けんで髪を洗うと感触がよくないですよね。よりマイルドにからまりを防ぎ、キシミ感なく洗えて、乾燥後のサラサラ感などを増すために、様々な工夫がこらされています」

せっけん成分の特徴として、さっぱりとした使用感がある。が、さっぱりだけではしっくりこない部位というのも、またあるわけで。汚れがとれればOKから、選択の幅は広がりつつあるのである。
(新型 光)

ランキング

編集部オススメ

  • 入社3年目で差がつくスキルとは?

    東芝dynabookシリーズで差をつける!

    2015/02/26

    入社3年目で差がつくスキルとは?
    これから春に向けて、新社会人として新たなスタートを切る時期。バリバリ仕事をするにも、力の入れどころは押さえておきたいところだ。そこで、首都圏在住の22~30歳の先輩社会人男女100人に「3年目で差をつけるの... 続きを読む
  • 瓦割り美女とあの男がコント?

    意外な2人が繰り広げるwebムービーが面白い!

    2015/02/09

    瓦割り美女とあの男がコント?
    セゾンカードのCMといえば、武田梨奈が頭突きで瓦割りを披露する衝撃映像をご存じの方も多いはず。強烈なインパクトを残した一瞬芸から一転、今度はコント仕立てのwebムービーで、軽妙な掛け合いを披露しているらし... 続きを読む
  • 若者男子の散髪代は平均3144円

    新社会人のための好印象ヘアカタログ

    2015/02/26

    若者男子の散髪代は平均3144円
    また、約70%の人たちに行きつけのお店があることがわかった。その一方で、80%近くの人たちがヘアサロンを変えたことがあると回答している。その理由は以下のとおり。1位:... 続きを読む

ブレイクフォト

みんなが見ている記事TOP25

(毎日更新)

公式facebookページでR25の最新情報をチェック!