R×Rシンガポール動物園ではパンダ並み大歓迎

海外で珍重される意外な日本の動物

2012.09.20

「エテ公」「マシラ」など様々な呼び方があり、シカやタヌキなどとともに昔話にもよく登場するニホンザル「エテ公」「マシラ」など様々な呼び方があり、シカやタヌキなどとともに昔話にもよく登場するニホンザル
画像提供/箕輪正/アフロ

今夏、震災支援への謝意を込めて、動物好きで知られるロシアのプーチン大統領に秋田犬が贈られた。「特に珍しくもない犬じゃん!」と思われがちだが、実は日本の天然記念物。海外では「HACHI(ハチ公)」として知られ、一部では人気のある犬種らしい。

同様に、国内ではメジャーだが、海外では珍重される“意外な人気者”は他にもいる。2年前、シンガポール動物園に渡った日本のタヌキがパンダ並みの大歓迎を受けたというのだ。

「タヌキは東アジアにしか生息しない動物です。現地の人にとっては、大変新鮮だったのでしょう」

そう教えてくれたのは、世界の動物園に詳しい上野動物園・教育普及課の黒鳥英俊さん。

「このほか、世界的に人気があるのはニホンザルです。これは、人間をのぞく全ての霊長類の中で、最も北に暮らすサル。海外の人が持っている“サルは暑い地方の動物”というイメージからすると、雪深い北国に暮らし、温泉に浸かるようなサルは大変珍しいのです。また、今年6月に私が訪れたオランダの動物園では、特別天然記念物・タンチョウが人目を引いていました。日本でも希少なこの鳥は、海外の人の目にもエキゾチックで美しく映るのかもしれません」

ちなみに、「人気の動物」にお国柄のようなものってあるんですか?

「ありますよ。例えばアメリカでは、ホッキョクグマ(北極)やレッサーパンダ(アジア)などの“クマ系人気”が強く、ヨーロッパでは、コアラ(オーストラリア)やトラ(アジア)などが好まれているようです。ただし、中国の至宝ともいわれるジャイアントパンダの人気は万国共通ですね」

海外から来た珍しい動物や希少な動物に注目が集まるのは、どこに行っても同じらしい。とはいえ、先日も国内ではニホンカワウソが絶滅したと報じられたばかり。今身近な動物もやがて希少になってしまう日が来るかもしれない…。心配です。
(矢口絢葉/ノオト)

ランキング

編集部オススメ

  • 他人に学んで仕事意識を革命せよ!

    「元気ハツラツ!」を取り戻せ!

    2014/10/31

    他人に学んで仕事意識を革命せよ!
    大いなる夢と期待に胸を膨らませ、飛び込んだはずの社会人生活。しかし、そんな生活も数年を過ぎればマンネリに…。当初、抱いていたチャレンジャースピリットはどこかへ立ち消え、長いものに巻かれながら、なんと... 続きを読む
  • 体へのダメージが大きい空気の汚れ

    しつこい咳や痰には要注意! 肺活ラボ

    2014/11/19

    体へのダメージが大きい空気の汚れ
    昨今、PM2.5や黄砂など新たな大気汚染が世間を騒がせている。吸い込むと健康に害があるとされ、体への影響が気になるところ。だが、すぐにわかりやすい症状が出るわけではないため、イマイチ実感が湧かないという人... 続きを読む
  • スマホの次世代通話サービス誕生!

    同じ画面を見ながら通話する!「シンクコール」が描く未来

    2014/10/31

    スマホの次世代通話サービス誕生!
    道に迷った友達を電話で待ち合わせ場所に案内する際、そのままスマホの地図で互いの場所を表示しながら話ができたら…。あるいは、スマホで彼女とおしゃべり中、同じスマホで撮った写真や動画を見せられたら…。これまでは... 続きを読む

ブレイクフォト

みんなが見ている記事TOP25

(毎日更新)

公式facebookページでR25の最新情報をチェック!