R×Rおよそ60年に一度のビッグイヤー!

伊勢神宮&出雲大社遷宮の見どころ

2013.03.21

伊勢神宮の式年遷宮は、実は8年前、造営用の御用材を切り出す山の神に安全を祈願する「山口祭」を皮切りに始まっている。様々な祭事を行いながら8年かけて準備を整え、今年の「遷御」を迎えるのだ。内宮の五十鈴川にかかる神域への入り口、宇治橋の架け替えが行われたのも4年前。新たな橋がかかった2009年11月には安全を祈願した「宇治橋 渡始式」が行われた(写真は、同じく五十鈴川にかかる風日祈宮御橋。2013年2月撮影)<br />
<br />
画像提供/アサイミカ/アフロ伊勢神宮の式年遷宮は、実は8年前、造営用の御用材を切り出す山の神に安全を祈願する「山口祭」を皮切りに始まっている。様々な祭事を行いながら8年かけて準備を整え、今年の「遷御」を迎えるのだ。内宮の五十鈴川にかかる神域への入り口、宇治橋の架け替えが行われたのも4年前。新たな橋がかかった2009年11月には安全を祈願した「宇治橋 渡始式」が行われた(写真は、同じく五十鈴川にかかる風日祈宮御橋。2013年2月撮影)

画像提供/アサイミカ/アフロ

今年は日本有数の神社の「ビッグイヤー」だ。日本のほぼすべての神社を統括する「神社本庁」の「本宗」、すなわち頂点にある伊勢神宮(三重県伊勢市)と、「八百万の神々が集まる」とされる出雲大社(島根県出雲市)。日本の2大神社といっても過言ではないこの2社が、いずれも「遷宮」を控えているのである。

「遷宮」とは簡単に説明すると、「ご神体」の安置所「本殿」の移転のこと。「遷宮」が行われる理由は様々で、そのひとつは、建物や神事の品を作りかえることで、常に若々しさや清々しさ、神域にふさわしい清浄さを保つこと。それが長い繁栄につながる「常若」という宗教的精神も背景にある。

伊勢神宮の遷宮は「式年遷宮」と呼ばれ、20年に一度行われる。途中、中断や延期もあったが約1300年も続く一大祭事。正殿(伊勢神宮における本殿的建物)をはじめとする計65棟を新たに造営。正殿は隣り合う敷地をご神体が20年ごとに行き来、その度に一方を建てかえる。一方、出雲大社の遷宮は60年振り。今回は老朽化が進んでいた大きな屋根の葺き替えを筆頭とする「御本殿」の大規模修繕が中心。作業が完了した今年、一時的に仮の本殿「御仮殿」に引っ越していた「ご神体」が新御本殿に移る。

ともにクライマックスはご神体を移す神事。伊勢神宮は10月2日(内宮)、5日(外宮)に、出雲大社は5月10日に行われる。重要神事ゆえ、残念ながら一般参拝者が間近で見ることはできないが、遷宮関係の祭事のなかには一部、離れた場所などで見学できるものもある。また、伊勢神宮・正殿の周りに石を敷き詰める夏の「お白石持行事」は、期間中、神宮まで石を運ぶ様子が街でも見られる。祭事以外にも遷宮の前後には各種イベントも多く行われる予定。出雲大社では5月12日から6月9日まで特設ステージを設置、出雲神楽のほか日本各地の古典芸能やコンサートなどが行われる予定だ。
(長谷川一秀)

ランキング

編集部オススメ

  • 「賢い王道」と「無難」の境界線は?

    みんなの「メジャー」に対する意識とは…

    2015/04/13

    「賢い王道」と「無難」の境界線は?
    数ある中から「定番」といわれるアイテムを選択するのは、正解なのか、それとも“逃げ”なのか!? 世の「メジャー」意識を大解剖!... 続きを読む
  • 他人とは違う休日を過ごすには…!

    子どもに戻れるあの場所へ…

    2015/05/19

    他人とは違う休日を過ごすには…!
    梅雨や暑い夏が目前に迫ったこの時期は、気持ちのいい天候のなかでおでかけを楽しめるラストチャンス! いつものようなおでかけや旅行もいいけれど、たまには少し趣向を変えて、オトナも参加できる工場見学で、... 続きを読む
  • 「メジャー」が生み出す横展開の力

    ホンモノはホンモノを生み出す!

    2015/05/20

    「メジャー」が生み出す横展開の力
    新商品が大ヒット! ある分野において“メジャー”ブランドとしての地位を獲得できたら、そこで満足してしまいそうなものですが、企業戦略における正解はどうやら違うようです。「圧倒的な認知度を誇るブランドとして... 続きを読む

ブレイクフォト

編集部オススメの不思議!

みんなが見ている記事TOP25

(毎日更新)

公式facebookページでR25の最新情報をチェック!