W×R( ゜∀゜)o彡°えーりん! えーりん!

ニコ動、2ちゃんねるで人気の「東方Project」って何だ?

2008.10.03

人気に火が付くきっかけとなった、Windows用第1作『東方紅魔郷』。画面を覆い尽くすほどの敵の弾=弾幕が特徴だ。弾幕の美しさ=「弾幕美」も人気の要因のひとつ。慣れてくるとこれが病みつきに…人気に火が付くきっかけとなった、Windows用第1作『東方紅魔郷』。画面を覆い尽くすほどの敵の弾=弾幕が特徴だ。弾幕の美しさ=「弾幕美」も人気の要因のひとつ。慣れてくるとこれが病みつきに…

ニコニコ動画に多くの動画がアップされている「東方」(トウホウ)と呼ばれるシリーズ。ノリのいい音楽に合わせて、キャラクターたちが寸劇(?)を繰り広げています。

だがどうも、これら一連の動画には元ネタがあるらしい。「東方」動画やAA(アスキーアート「( ゜゜)o彡えーりん! えーりん!」とか)は見かけることもあるんだけれど、元ネタについてはよく知らない。

アニメ? 漫画? ゲーム? 「東方」って、一体なんなんですか? 東方シリーズの公式ファンブック、『東方文花帖』を作った一迅社の小此木哲朗さんに聞きました。

「『東方』とは、正確には『東方Project』という一連の同人作品(企業でなく、アマチュアの手による作品)のことで、そもそもはWindows用のシューティングゲームです。『上海アリス幻樂団』という個人サークルの作品で、ZUNさんという方がプログラミングから音楽まで1人で作っています。今年の夏にも新作『東方地霊殿』が発売になりました。同人ゲームなので、コミケなどのイベントや同人ショップでしか買うことができません」

そーなのかー。普通のゲームショップでは見ないから、知る機会がなかったんですね。でも、一般の流通に乗らない同人ゲームがどうしてこんなに人気に?

「最初はPC-98という古いPCで作られていたのですが、人気が出たのは2002年にWindows版第1作『東方紅魔郷』が発表されてからです。キャッチーなBGMやキャラの面白さ、ゲームとしての完成度の高さが次第に評判になり、ゲームとしてまず流行しました。原作者のZUNさんが二次創作にとても寛容な方で、『東方』を好きになったファンが、『東方』を元ネタにした同人誌やBGMアレンジ曲などを次々と作り、そこからまた新規のファンが増える、という循環が生まれたのです。ネットでも人気が出て、AAの元ネタになっていることも多々あるようです。本編から派生したネタが多く、二次創作の動画やマンガしか見たことがない方も多いと思うのですが、元のゲームも面白いので、キャラクターに興味が出て来たら一度プレイしてみることをオススメしますよ」(同)

イベントなどでしか売っていない自分で見つけた感と、世界観などを自分たちで作り、共有していく感が、今の人気を生んだってことでしょうか。イージーモードをクリアする程度の能力しかないボクですが(一部では「イージーモードが許されるのは小学生までだよねー」ともいわれる)、いざめくるめく東方の世界に飛び込んでみますか!

堅田智裕 / verb

ハラオチありがとう
みなさまのハラオチは、記事のハラオチ度として、☆5段階で表示されます

投稿フォーム

同じ記事やパーソナリティに対するお便り、サイト全体に対するお便りは、5分間に1度の投稿とさせていただいています。
5分後に、再度お試しください。

編集部オススメ

  • 携帯「人口カバー率」ホントの意味

    バラバラだった算出法に、ようやく統一基準が…

    2014/03/28

    携帯「人口カバー率」ホントの意味
    3月20日、KDDIは800MHz帯の4G LTEにおいて、実人口カバー率99.0%を達成したと発表した。すでに2013年12月末時点には98.7%を実現していたが、以前から3月末に99%達成を目指していることを予告しており、“公約”が... 続きを読む
  • オトコなら香るより臭わない柔軟剤

    家事イケメンのトリセツ

    2014/04/17

    オトコなら香るより臭わない柔軟剤
    そもそも、柔軟剤には、どんな役割があるのだろうか? 花王で柔軟剤の開発に携わる尾関洋平さんは、「基本は、シーツなどのリネン類やタオル、衣類など、体に触れる布地を柔らかくして、気持ちよく使えるようにする... 続きを読む
  • LTEで沖縄離島の宿泊予約が簡単に

    電話・FAXでの宿泊予約受付からオンライン化へ

    2014/03/27

    LTEで沖縄離島の宿泊予約が簡単に
    温かくなり、そろそろ旅行の計画を立てたくなる季節がやってきた。行きたいところはたくさんあるが、せっかく羽を伸ばすなら、思い切って“非日常”を満喫したい。そう思う人が多いせいか、『地球の歩き方』が昨年... 続きを読む

ブレイクフォト

みんなが見ている記事TOP25

(毎日更新)

公式facebookページでR25の最新情報をチェック!