W×Rなるほど意外なペットの雑学/第6回

コンタクトも登場! 犬用グッズの世界

2011.09.23

黒髪の犬用のウィッグ。金髪やアフロなど種類はいろいろ黒髪の犬用のウィッグ。金髪やアフロなど種類はいろいろ
画像提供:犬ごころ WEBSHOP

不況の中にあっても、堅調なのがペット産業。もちろんペットグッズも様々なものが登場している。とくに犬用グッズは、市場が大きいこともあってか種類が豊富。人間用としてはおなじみの物であっても、犬用と聞けば“まさか!”と仰天するようなアイテムが続々生み出されているのだ。

例えばその一つが「コーニアルバンテージわん」なる、犬用のコンタクトレンズ。そういえば、犬はあまり視力がよくないって聞いたことがあるけど…。

「いえ、こちらは視力矯正用ではなく、目に傷を負ったワンちゃんに付ける“治療用”として開発したものです。素材は人間が使っているソフトコンタクトレンズと同じですが、目の表面についた傷を保護して痛みを和らげるために使います」

そう教えてくれたのはこのアイテムを開発した、メニコンの関連会社「メニワン」の薬剤師である近藤さん。なんだ、人間のコンタクトとは目的が違うのか。主に、眼科に強い動物病院に置いてあるもので、1つ(片目)1万円が相場なんだとか(点眼薬、治療費込み)。

目の保護グッズがあると思えば、足を保護するグッズも存在する。「犬用シューズ」なんて聞くと、冗談のように思えてしまうが、もともとは熱いアスファルトやガラスの破片などから足を保護するという、実用目的のアイテムなのだ。さらに、最近では保護目的のみならずウィンタースポーツ用やアウトドア用など、より目的ごとに細分化された幅広い品ぞろえとなっている。

ウィンタースポーツ用は雪が中に入りにくい構造になっており、アウトドア用はメッシュ素材で通気性が抜群。両方ともソールにはグリップ力の高い素材を使用し、犬が動きやすいように計算して靴底の溝を刻むというこだわりようだ。金額は4足セットでおおよそ5000~1万円といったところ。調べてみたら、アウトドア用って9.11で活躍した人命救助犬も履いていたみたい。

同じく足の裏の保護グッズとして、肉球を愛する飼い主の間で「肉球用のトリートメントクリーム」が注目を集めており、蜜蝋入り、セラミド入り、天然素材など様々な特徴を持つクリームが販売されている。夏場の熱い地面で受けたダメージや、冬の乾燥によるかさつきから肉球のプニプニ感を守ってくれる、いわばハンドクリームのようなものなのかも。ちなみに金額は1個800~2000円程度。

最後に実用性からはちょっと離れるグッズを。これは、洒落のわかる犬用のパーティグッズなのでしょうか? なんと犬用のウィッグも存在するんですね。切れ目から耳を出して頭にすっぽりとかぶせれば、愛犬が美しいブロンドヘアや、ファンキーなアフロヘアに。小型犬だとウィッグに埋まっている感が出てしまうのはご愛敬。1つ1500~5000円と、メーカーによって金額が大きく異なるみたいだ。

ここで紹介した以外にも、思わず「人間用の間違いじゃないの?」と聞き返したくなってしまう驚きの犬グッズはまだまだたくさん存在する。正直門外漢の理解を超えているものもあるけれど、犬への愛情も感じるし、『大日本アカン警察』の松本人志風にまとめるなら“あかんくない!”なり。

(山葉のぶゆき/effect)

取材協力・関連リンク

取材協力先リンク

株式会社メニワン
ペットの目の治療に特化したメニワンのHP。犬用コンタクトレンズ「コーニアルバンテージわん」の情報のほか、サプリメントも多数紹介する


犬ごころ
犬用のウィッグほか、ユニークなアイテムが満載。フードやリードといった犬の必需品も販売している

編集部オススメ

  • 口臭の原因“口じゃない”ことも?[PR]

    「鼻水・鼻づまり」調査隊

    2016/02/08

    口臭の原因“口じゃない”ことも?[PR]
    まずは、全国の20~34歳の有職者100人(男女各50人)にアンケート調査を実施。改めて、職場の口臭事情について調べてみました(アイリサーチ調べ)。打ち合わせや会議で直接面と向かって話すことも多いビ... 続きを読む
  • 冬でもしっかり心がけたいニオイケア[PR]

    汗臭さの原因は衣類に蓄積する菌だった!

    2016/01/18

    冬でもしっかり心がけたいニオイケア[PR]
    ビジネスパーソンにとって重要な清潔感。汗が気にならない今の季節は、体臭ケアがおろそかになりがちだが、厚着したまま満員電車に乗ったり、暖房の効いたオフィスで意外と汗をかいていたりするもの。いくら身だしなみを整え、... 続きを読む
  • 汚い!菌が多いお家のスポットTOP5[PR]

    見落としがちな毎日の生活汚れに要注意

    2015/12/24

    汚い!菌が多いお家のスポットTOP5[PR]
    家中の様々なところに菌が潜んでいるという話、聞いたことがある人も多いのでは。と言っても具体的に家庭内のどこに菌が多く潜んでいるのだろうか? 花王の調査(※1)によると、さまざまな大腸菌(大腸菌群)が... 続きを読む

ブレイクフォト

みんなが見ている記事TOP25

(毎日更新)

公式facebookページでR25の最新情報をチェック!