W×R思わず欲しくなるグッズ!

クラシカルで高性能なコンデジ

2012.09.30

サイズは117×69.6×56.8mm(ファインダー突部含まず)で、重量は付属品込みで約350g。約46万画素の2.8型液晶モニターのほか、光学ズームファインダーを搭載。付属バッテリーによる撮影可能枚数はLCDオンで約270枚、LCDオフで約640枚となるサイズは117×69.6×56.8mm(ファインダー突部含まず)で、重量は付属品込みで約350g。約46万画素の2.8型液晶モニターのほか、光学ズームファインダーを搭載。付属バッテリーによる撮影可能枚数はLCDオンで約270枚、LCDオフで約640枚となる

ケータイカメラやコンパクトデジカメもいいんですが、ボケ味を生かした綺麗な写真を撮るならデジタル一眼レフか、最近流行りのミラーレス一眼デジカメにステップアップしたくなるもの。でも、気合を入れて買ったレンズ交換式カメラなのに、その分大きくて重くてさすがに毎日は持ち歩けず、結局撮りたい時に撮れないというジレンマに陥りがちです。

手軽に持ち歩けて、レンズ交換式カメラのように綺麗な写真が撮れるカメラはないものか。

その答えのひとつが富士フイルムの発売した、高級コンデジ「FUJIFILM X10」かもしれません。

まず何より目を引くのが、まるでデジカメには見えない、昔のフィルムカメラ然としたレトロなたたずまいでしょう。こうしたカメラらしいデザインは男の物欲を刺激するだけではなく、未来的なデジカメデザインに辟易している一部の女子のハートも間違いなくわしづかにみするはずです。

この金属製のクラシカルなデザインに搭載されるのは、F2.0~F2.8という明るさのフジノンレンズ。レンズが明るいと、当然暗い場所でも手ブレしにくくなりますし、何よりコンデジでは撮りきれない「背景のボケ味を生かした写真」を撮ることもできます。

さらにデジカメのフィルムにあたるセンサーも2/3型と、富士フイルムのコンデジブランドFinePixのハイエンドモデルに採用される1/2型から大型化。画素数もFinePixの多くのモデルが1600万画素を採用するなか、あえて1200万画素におさえることで、1画素あたりに入る光の量が多くなり、結果、明るいところから暗いところまではっきりと描写できるようになっているのです。

高級コンデジだけに、レンズ交換式カメラも購入できるお値段になってしまいますが、このデザインと機能は唯一無二。これからデジカメを新調したいと考えている方には、悩ましい日々が続くかもしれませんね。
(熊山 准)

※この記事は2011年11月に取材・掲載した記事です

取材協力・関連リンク

商品情報

『FUJIFILM X10』(メーカー:富士フイルム/実勢価格:6万8000円)

編集部オススメ

  • 「思わずもらい泣き」au話題動画

    上京する若者と故郷を繋ぐ感動ドキュメント

    2015/03/18

    「思わずもらい泣き」au話題動画
    3月は別れと旅立ちの季節。入学や就職を機に上京する若者はこの春も多いだろう。はたして、どんな人と出会うのか、どんな出来事が待ち受けているのか? 新生活への期待と不安、故郷を離れる寂しさを胸にかかえ、東京に... 続きを読む
  • 試して納得!優しく深剃りの理由は?

    できるビジネスマンのヒゲの悩みを解消

    2015/03/06

    試して納得!優しく深剃りの理由は?
    ビジネスマンに欠かせない清潔感だが、それを台無しにするのが無精ヒゲ。しかし、ヒゲが濃い、肌が弱いなどの理由で深剃りができずに、困っている人も多いはず。肌への負担を減らしながら深剃りできるシェーバーがあれば... 続きを読む
  • サーモスがスピーカーを作った理由

    魔法びんメーカーの真空技術で、音響はどう変わるのか…?

    2015/03/09

    サーモスがスピーカーを作った理由
    サーモスといえば、ご存じのとおり水筒やタンブラー、フードコンテナなどの断熱容器で知られる、世界シェアトップクラスの魔法びんメーカーだ。ところが、3月6日に同社から発売されたのは、これまでの製品ラインナ... 続きを読む

ブレイクフォト

みんなが見ている記事TOP25

(毎日更新)

公式facebookページでR25の最新情報をチェック!