W×R遠く離れた大切な人と、いつでもつながれる

「人型分身ロボット」が話題

2013.02.19

OriHimeのデザインも吉藤氏自身が手がけた。表情をあえて「能面」のようにしたのは、交わす会話から相手の表情を想像してもらうためだという。問い合わせや購入申し込みはオリィ研究所までOriHimeのデザインも吉藤氏自身が手がけた。表情をあえて「能面」のようにしたのは、交わす会話から相手の表情を想像してもらうためだという。問い合わせや購入申し込みはオリィ研究所まで

近年、目覚ましい進化を遂げている家庭用ロボット。最近では家事や介護をサポートするものから簡単なコミュニケーションを楽しめるものまで様々なロボットが登場しているが、今とくに注目を集めているのが早稲田大学発のベンチャー企業「オリィ研究所」が開発を進める人型コミュニケーションロボット「OriHime(オリヒメ)」だ。

コミュニケーションロボットといっても、人工知能を搭載したいわゆる「癒やしロボット」とは全く別モノ。人工知能の代わりに「目や耳、口」がついていて、OriHimeが見たもの、聞いた音をiPadやiPhoneといったデバイスを介して体感できる仕組みだ。遠く離れた人とリアルタイムで会話もできるし、OriHimeの首をリモートコントロールで好きに動かして「見たい方向を見る」こともできる。今後はアームをつけて挙手ができるようにしたり、タイヤをつけて自由に動き回れるようにしたりと、さらに進化していくとか。

「OriHimeを使えば自分がその場にいなくても友人や家族と同じものを見て、言葉を交わし、同じ空間で過ごしているように感じることができます。いわば自分の分身ロボットですね」とはオリィ研究所代表の吉藤健太朗氏。

例えば、入院で学校や塾に通えない子供がOriHimeを代わりに授業に「出席」させることでベッドの上から授業に参加したり、単身赴任で離れて暮らす家族がOriHimeを互いの食卓に置いて団らんのひと時を過ごしたり、といった活用方法が考えられる。実際、無菌室に入院している子供がOriHimeを通じて家族と「生活をともにした」事例もある。

「じつは私自身も昔、体が弱く、小学生の頃は学校に登校できない時期がありました。その経験から、ベッドの上にいても会いたい人に会い、行きたいところに行き、社会に参加することができるコミュニケーションデバイスの発想を得ました」(吉藤氏)

健康上の理由に限らず、「行きたくてもその場に行けない」事情は誰にだってあるだろう。それでも仕事がしたい人、旅行に行きたい人、社会とかかわりを持ちたい人たちは大勢いる。OriHimeはそうした人をサポートし、物理的な距離の問題を解消するための新しいインフラといえそうだ。

なお、OriHime製品版のリリースは2013年の夏頃を予定。価格は10万円前後になる見込みだという。現在は希望者のために「β版」も台数限定で提供中。
(榎並紀行/やじろべえ)

取材協力・関連リンク

編集部オススメ

  • なぜ自分のニオイは気づかないの?

    気づいたときにはもう遅い! お口のニオイケア習慣

    2014/11/20

    なぜ自分のニオイは気づかないの?
    「自分の口臭に自分で気づかないのは、“鼻の慣れ”のせいです。人間の鼻は、体の中から立ち上っている自分の口臭をずっとかいでいますから、食後にニンニク臭を感じたとしても、少しすれば変化に気づかなくなって... 続きを読む
  • 体へのダメージが大きい空気の汚れ

    しつこい咳や痰には要注意! 肺活ラボ

    2014/11/19

    体へのダメージが大きい空気の汚れ
    昨今、PM2.5や黄砂など新たな大気汚染が世間を騒がせている。吸い込むと健康に害があるとされ、体への影響が気になるところ。だが、すぐにわかりやすい症状が出るわけではないため、イマイチ実感が湧かないという人... 続きを読む
  • 他人に学んで仕事意識を革命せよ!

    「元気ハツラツ!」を取り戻せ!

    2014/10/31

    他人に学んで仕事意識を革命せよ!
    大いなる夢と期待に胸を膨らませ、飛び込んだはずの社会人生活。しかし、そんな生活も数年を過ぎればマンネリに…。当初、抱いていたチャレンジャースピリットはどこかへ立ち消え、長いものに巻かれながら、なんと... 続きを読む

ブレイクフォト

みんなが見ている記事TOP25

(毎日更新)

公式facebookページでR25の最新情報をチェック!