W×Rファンに求められても“丁重にお断り”の真相

宮崎駿監督がサインを書かないワケ

2013.08.29


阿野陽 / PIXTA(ピクスタ)

全国映画動員ランキング5週連続1位(8月12日 興行通信社発表)と、相変わらず大ヒットの宮崎駿監督作品『風立ちぬ』。

じつは、公開のちょうど1年前、宮崎駿監督のアトリエ前のベンチで休んでいると、偶然ご本人とお会いすることができた。

マスコミの前でのインタビューやメイキングDVDなどでの発言で、偏屈な方のように思われがちだが、実際お会いしてみるとそんなことはなかった。非常に優しく気さくな方で、初めてお会いするというのに、丁寧に挨拶を返してくれた。

我慢できず、ついサインをお願いしたが、こちらは丁重にお断りされた。だが、その理由を一緒にいたスタッフの方が、教えてくれた。

宮崎駿監督は、サイン色紙が30万~50万円という高値で取引されていることに、辟易しているそうだ。50万円という金額はすでに「ビジネス価格」であり、ファンのために書いた色紙に値段が付いて独り歩きしていることを、とても悲しんでいるのだという。だから、ずっと以前から国内では一切サインを書かないようにしているのだそうだ。

例外として、東日本大震災の際に行ったサイン会があるが、それには理由があった。

東日本大震災の際、お子さんを対象にサイン会を行ったのは、被災者が、自分のサイン色紙を売ることで多少なりともお金になるなら、そういう形でもお役に立てればよい…という思いがあったためだそうだ。つまり「売ってもいいよ」という暗黙の了解のもとに開催されたサイン会だったのだ。

ところが、現実には偽サイン色紙をオークションに出品している輩がいるという。筆者とて正義感面をするつもりはないが、監督の隠された優しさをうかがうと、なんとも憤りを感じてならない。
(木村明夫)

取材協力・関連リンク

編集部オススメ

  • “特定派遣”の「テクノプロ」とは

    R25世代・働き方の最新事情とは

    2014/07/24

    “特定派遣”の「テクノプロ」とは
    「テクノプロ」には“機械”“電気・電子”“IT”“バイオ・ケミカル”など、あらゆる分野のエンジニアが1万人以上在籍。エンジニアはテクノプロの正社員として雇用され、それぞれの適性に応じた企業で... 続きを読む
  • スマホで始める音楽開拓!

    苦手なジャンルにも気軽にトライ!

    2014/07/24

    スマホで始める音楽開拓!
    さて、突然ですが、何かに造詣の深いオトコって、カッコよく見えませんか? たとえば音楽。たまたま耳にした曲でも、すぐにパッとアーティストとタイトルが出てくる…なんて憧れますよね。とはいえ、普段はテレビや... 続きを読む
  • 佐藤藍子のマインド切り替え術

    あの人のオンとオフのスイッチは?

    2014/07/08

    佐藤藍子のマインド切り替え術
    中学生のときに芸能界デビュー、以降テレビドラマや映画、舞台などで女優として活躍する佐藤藍子さん。20年のキャリアを持つ彼女の仕事観と気持ちの切り替え方とは?... 続きを読む

ブレイクフォト

みんなが見ている記事TOP25

(毎日更新)

公式facebookページでR25の最新情報をチェック!