ロングインタビュー

BREAKTHROUGH POINT ~つきぬけた瞬間

人生の壁にぶつかった時、彼らは何を思ったか?
あの人の25歳のころと今をインタビュー。

永井 豪

ながい・ごう

2009.09.10Vol.247 - Page1

「先がわからないから面白い」

永井 豪

1945年石川県生まれ、東京育ち。20歳のとき、石森章太郎のアシスタントとなる。デビューは67年『目明しポリ吉』で。『ハレンチ学園』『あばしり一家』『オモライくん』などギャグ漫画のヒット作を飛ばす。『デビルマン』『マジンガーZ』『ゲッターロボ』『キューティーハニー』などアニメと連動し、大ヒットとなった作品も多数。69年からダイナミックプロダクションを創設、プロダクションシステムによる漫画制作の先駆けでもある。『真マジンガー 衝撃!Z編』のインフォメーションは

描きたいものをずっと抱えて描けなかった。

自分の描きたいものではなく、雑誌の求めるものを描き続けた。

そこに立ちはだかった壁をぶちこわして、一致させた。

尋常じゃないイマジネーションと本能と欲望に、

適度なビジネス感覚を加えて作品ができあがる。

「リアリティの時代だから、なかなかやりにくいね」と笑う。

だが、だからこそ、またブレイクスルーが訪れることもあるのだ。

インタビュー INTERVIEW

敵の巨大な兵からバイクで逃げる兜 甲児の前に姿を現したのはホバーパイルダー。主人公と主役ロボットとが邂逅するシーンである。

そしてナレーション。「甲児は見た!腕だ、胸だ、巨大な顔だ! それこそが空にそびえるくろがねの城、マジンガーZ!」。“Z”のところは“ゼェェェット!”という絶叫調、盛り上がる。『真マジンガー 衝撃!Z編』の物語がスタートを切る、第2話のエンディングだ。第1話では、物語は始まらないのだ。むしろ終わるというか…。

「脚本に目を通した段階では、“こんなめちゃくちゃやって大丈夫か?”って(笑)。映像を観て初めて“なるほど!”と。びっくりしましたねえ。『マジンガーZ』や僕の作品になじみのある人は“ここまで出すか!”って面白がってくれるんじゃないかな(笑)」

原作者の永井 豪先生もニヤニヤ。

“出す”というのは、マジンガー以外の永井 豪キャラのことである。『真マジンガー 衝撃!Z編』は『マジンガーZ』のアニメ化作品だ。その第1話の破天荒さは、(永井ワールドの住人総登場のみならず)ぜひ実際に観るべし。

ロケットパンチとブレストファイアーであしゅら男爵やブロッケン伯爵と戦い、“超合金”という言葉のルーツである『マジンガーZ』。実は“乗って操る巨大ロボット”の先駆けでもある。

この世に生まれたのは、永井 豪27歳のとき。週刊少年ジャンプでの連載だった。

永井 豪ロングインタビュー

  • 武田篤典(steam)=文
    text ATSUNORI TAKEDA
    稲田 平=写真
    photography PEY INADA

上の記事が気に入ったキミへ となりの記事も気になる?

さかなクン

さかなクン

もうひとつのマンボウはウシマンボウ。 ― さかなクンのコミュニケーション力とは。

2015.05.28

編集部オススメ

  • 僕らを疲れから救う“効く”成分を探せ!

    最新“お疲れ”事情 解体新書

    2015/06/29

    僕らを疲れから救う“効く”成分を探せ!
    栄養ドリンクを飲む際、なんとなくアイテムを選び、なんとなく「効いたかも」と感じている…という人も多いのでは? でも、それでは自分の疲れ対策にぴったりのものを選べているとはいえない。せっかく少し奮発... 続きを読む
  • [PR]選んで楽しい夏のドリンク入門

    果汁炭酸で夏を楽しむ!

    2015/06/23

    [PR]選んで楽しい夏のドリンク入門
    日に日に太陽が力強さを増してきている今日この頃。外を歩けば、すぐに汗ばんでしまうような強い日差しのなかにあっても、外回りなど外出を避けらないのがビジネスマン。そんな人たちにとっては、水分補給と涼を得... 続きを読む
  • あのヒット製品の意外なこれまで

    世界累計5万台を突破に3年…

    2015/06/19

    あのヒット製品の意外なこれまで
    世界初のハイブリッド車として誕生し、今や販売台数349万台(2015年5月末時点)を誇るプリウス。ハイブリッドを世界的にメジャーなカージャンルへと押し上げた、誰もが知る“ホンモノ”。今や世界クラスのメジャー... 続きを読む

ブレイクフォト

みんなが見ている記事TOP25

(毎日更新)

公式facebookページでR25の最新情報をチェック!